企業案内製品案内採用情報ギャラリー
久金属工業(株)の歴史と沿革

 

             
  1915年   大正4年   4月 

大阪市浪速区桜川1丁目に、久庄次郎個人にて「久製作所」を創設
貿易用金属容器及びガラス瓶キャップの製造を始める

最初の動力式プレス機
最初の動力式プレス機
 
  1919年   大正8年   5月 大阪市西区南堀江下通1丁目に移転  
  1925年   大正14年   10月 大阪市浪速区小田町に工場を増設  
  1934年   昭和9年  

1月  個人経営より「合名会社久金属製作所」に組織変更

 
7月  現在地の大阪市西成区北津守に移転
  1940年   昭和15年   12月 朝鮮仁川市に工場を設置  
  1941年   昭和16年   5月 満州国奉天市に工場を設置    
煙草飲みの歯磨き「スモカ」
煙草飲みの歯磨き「スモカ」
  1944年   昭和19年   7月 関係4社を吸収合併して資本金100万円の「久金属工業株式会社」に組織変更  
  1945年   昭和20年   8月 終戦により満州、朝鮮の工場接収される  
「味の素」容器
「味の素」容器
  1948年   昭和23年   8月 厚生省、商工省の指定工場となる  
  1951年   昭和26年   7月 米国より射出成形機を輸入しプラスチック製品の製造を開始  
  1953年   昭和28年   2月 アルミホイルによるキャップシール及びシール締機を我が国で初めて完成  
アルミホイル キャップシール
アルミホイルキャップシール
  1959年   昭和34年   11月 神奈川県川崎市中丸子に東京工場(現東京支店)を設置  
  1966年   昭和41年   6月 我が国で初めてPPキャップのエンボス・シェービングの技術を開発  
  1968年   昭和43年   9月 資本金6,000万円に増資  
  1969年   昭和44年   4月 滋賀県甲賀郡(現甲賀市)水口町に滋賀工場第1号棟を設置    
  1971年   昭和46年   4月 医薬品瓶用フリップオフキャップを我が国で最初に開発 フリップオフキャップ
フリップオフキャップ
 
  1979年   昭和54年   11月 滋賀工場第2棟増設  
  1990年   平成2年   5月 石塚硝子株式会社の資本参加により、同社と業務提携    
  2001年   平成13年   7月 滋賀工場において ISO 14001 認証取得    
  2003年   平成15年   3月 本社において ISO 9001 認証取得    
  2004年   平成16年   12月 滋賀工場において ISO 9001 認証取得